注目の記事

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
桜

子供の教育部門において、現代では、私立の幼稚園受験からスタートして、私立の中学校受験、そして高校受験に、大学受験、最終的には大学院受験と、受験は必ず進路を考えて行く上で、ついて回るものです。
意識の高いご家庭では、幼少期から勉強をはじめており、私立系の幼稚園の受験からスタートしているのです。
私立系の難関の幼稚園の受験を経験し、見事に合格をすれば、そのままエスカレートで大学まで行く事ができるパターンが非常に多いのです。
将来的に、楽をさせるためにも、というご両親の考えがあるようです。
そういったご家庭もあるかと思いますが、子供の進路として、そのまま、公立の幼稚園や保育園に入園させる方々の方が、現在もまだまだ主流かもしれません。
そういった場合、幼稚園、あるいは保育園へ入園します。
小学校も公立へ進学します。
そしてそのまま近所の公立の中学校へ進学します。
その後初めて、高校生をきっかけに受験を経験する、というのが多いようです。
高校受験です。
では、高校受験の際に、進路で考える事はどういった点なのか考えてみます。
高校受験では、まず考えるのは、偏差値に合わせた高校、という点かもしれません。
将来的に進みたい大学への進路の道が多いか否かも考慮される点のようです。
やはり、難関大学などに進む意思が非常に強い場合は、自分の現在の偏差値に無理の無いような進路を考慮して、高校受験に進むべきだと思います。
では、他にはどういった進路を考えるかというと、自分の得意分野を活かしたいと考える人も少なくないようです。
野球やサッカー等の得意な高校に進みたい、あるいは、英語が好き、商業系に進みたいという人も多いようです。
他に、最近注目されている進学先に、通信制高校があります。
通信制高校と聞くとイメージがぱっと浮かばない方も多いかもしれません。
しかし、通信制高校には様々ないい点があるのです。
まず、通信制高校に通えば、自分自身の夢ややりたい事に、時間を割く事ができます。
やりたかったことが高校でできないという場合は、こういった通信制高校を利用してみるのも一つの手かもしれません。
あくまでも、強い意志をやはり持っていないと、通信制高校は難しいかもしれませんが、夢を叶える一歩として、通信制の高校を利用してみるのもひとつかもしれないのです。
ぜひ、目先の事だけではなく、将来的な夢をしっかり見据えた上で、進学を決めて行く事をお勧め致します。

オススメリンク

通いやすい通信高校が全国から探せます【通信制高校費用比較君】

高校

日本では

日本では中学までは義務教育ですが、その先の高校まで行くのが当然というのが実際です。
それなら、いっそのこと高校も義務教育にして無償化してしまえばいい、というような考えを持っている国民や、政治家は多いです。
実際に、高校…Read more

体育館

通信制と高校卒業認定試験

通信制高校は全日制や定時制の高校と異なり、単位制を採用していることが殆どで、単位制を採用しているところでは全日制や定時制の高校と異なり、進級や留年という概念はなく、必要な単位数を取得すれば卒業することが可能です。
そして必要単…Read more

関連リンク